『櫻の園 -さくらのその-』集英社連合試写会にて、主演の福田沙紀さん、武井咲さんの舞台挨拶が行われました。キャスト2人と同年代の女子高生で溢れる客席は、ゲストの登場に大盛り上がり。初の一般試写会ということで、緊張の面持ちのゲスト二人も、同年代の人には共感を、大人には昔を思い出してほしいと上映前の観客へメッセージを送りました。

福田沙紀×武井咲
左 : 武井 咲   右 : 福田沙紀

福田さん:今日はお越しいただき、ありがとうございます。一般の皆さんにお披露目するのはこの場が初めてなので、結構緊張しています。楽しんで観て頂ければと思います。

武井さん:よろしくお願いします。(映画初出演ですが?)現場は、緊張と不安で毎日必死でしたが、福田さんにアドバイスをもらいながら頑張りました。

司会:福田さん、初主演作ですが、同年代の子がたくさんいる現場はどんな感じでしたか?
福田さん:女の子がたくさんいて、こちらが恥ずかしくなるぐらい、みんなでわいわいがやがややっていました。1年生グループ、2年生グループ、と学年ごとに分かれていて、映画と同じ感じでした。主演というのはあまりこだわらず、みんなでいい映画にできるようにがんばりました。

司会:福田さんと桃の共通点は?
福田さん:映画を見た方からは、クールっぽいと言われるのですが、素に近い自分でやらせて頂いているので、自分を見られているようで恥ずかしかったです。ナチュラルに近づけたくて、自分に近いモノを出そうとしました。結城桃は、天才肌で自分の意見を持っている子。女の子からかっこいいなと思われる、そういう雰囲気を出したかったですね。

司会:武井さん、福田さんからはどんなアドバイスを?
武井さん:毎日緊張していたので、「緊張してる?」と声をかけてもらっていました。そのおかげで緊張がほぐれました。

司会:武井さん、今は中学3年生ですが、どんな高校生になりたいですか?
武井さん:映画では部活に打ち込む役なんですが、私も福田さんたち先輩に教えてもらってがんばりたいです。

司会:福田さん、高校生活のアドバイスはありますか?
福田さん:学校にはできるだけ行ったほうがよいかも。何が流行ってるのかとか、私は忙しくてあまりついていけてないので…。文化祭とかは、ぜひ楽しんでほしいですね。自分が楽しいなと思うことを楽しむのが一番だと思います。
武井さん:がんばります!!

司会:福田さん、文化祭が近いとの事ですが?
福田さん:今年はきちんと出る予定です。そこだけはしっかりスケジュールを空けました。ダンスコンテストがあるんですが、それに出ます。練習時間がないので当日に覚えなければいけないんですが、死ぬ気でがんばらないと!

司会:最後にメッセージを!!
武井さん:一人一人が一つの事に向かってがんばっていく、青春ストーリーなので、そういう部分を見て頂きたいです。
福田さん:女の子のもどかしい気持ちや、女子高生特有の悩みが描かれているので、学生は共感できると思います。学生じゃない方は、自分が学生の時どういう悩みをもっていたかな、と思い出してもらえればいいなぁと思います。悩みも思い出になっているはずですし。振り返ってみると、そのときの悩みと今の悩みって、変わっているはずですよね。昔の自分を思い出してもらえたらいいなあと思っています。この作品を見た方、それぞれの感じ方もあると思います。実は、本当はここにいるみなさんに感想を聞いてみたいくらいなんです。皆さんに何か感じとってもらって、やっとお仕事がおわる、というか、この作品を作った、と言えるのかなと思います。だから早く見てもらいたい反面、緊張しています。どうか楽しんで見てください。


◆ 櫻の園 -さくらのその-』公式HP(PC・モバイル)
http://www.sakuranosono-movie.jp/
 


 

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

みなさん、こんにちは!今日は動画アップのお知らせです。
先日行われました大ヒット祈願イベント&舞台挨拶のときのスペシャル動画です。
浴衣姿のキャストのみなさん、とてもかわいらしいですよ♪
ぜひチェックしてみてくださいね。

◆イベント&舞台挨拶の動画は↓からどうぞ♪
http://dogatch.jp/cinema/sakuranosono/special/

◆ 櫻の園 -さくらのその-』公式HP(PC・モバイル)
http://www.sakuranosono-movie.jp/
 

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

今日、9月19日は、『櫻の園 -さくらのその-』主演の福田沙紀さん18歳のお誕生日です♪
おめでとうございます!! ぱちぱちぱち…。

どうぞ皆さん、これからも福田沙紀さん&『櫻の園 -さくらのその-』を応援してくださいね!

◆ 櫻の園 -さくらのその-』公式HP(PC・モバイル)
http://www.sakuranosono-movie.jp/
 


テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

◆ワーナー・マイカル・シネマズ熊本クレア 舞台挨拶付き有料上映

日時:10月1日(水)19:00~舞台挨拶、19:15~上映開始
登壇者:監督/中原俊  主演/福田沙紀
※全席指定席・定員入替制での上映※

≪料金≫
高校生以上1300円
中学生以下1000円

≪チケット購入方法≫
劇場窓口販売
9月20日(土)10:00より窓口、e席リザーブ販売開始
インターネット購入サービスでの販売
(PC)
http://www.warnermycal.com/cinema/kumamoto/

※お電話でのご予約は承っておりません。
※既に前売鑑賞券をお持ちの方は、劇場チケット売場にて指定席券と交換して下さい。
(e席リザーブでは致しかねます。窓口販売での対応のみとなります。)
※販売当日は非常に多くのアクセスが集中する事が予想されます。ネットワーク、サーバーに大きな負担がかかり、お客様のご利用環境によってはページ表示されない、時間がかかる、動作が停止する等の症状が発生する場合があります。これらに起因してチケットの2重購入やご購入出来なかった場合、弊社は責任を負いかねますのでご了承の上、アクセスをお願い致します。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音は固くお断り致します。
※チケット購入後の変更及び払い戻しは致しかねます。また何らかの事情により舞台挨拶が中止になった場合でもチケット代の払い戻しは致しかねますのでご了承下さい。
※転売目的でのご購入は固くお断り致します。

◆ 櫻の園 -さくらのその-』公式HP(PC・モバイル)
http://www.sakuranosono-movie.jp/
 

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

みなさまこんにちは!『櫻の園 -さくらのその-』公式ブログにたくさんの拍手をありがとうございます!

ただいま、公式サイトに追加するコンテンツを制作中です。可愛いブログパーツが配布される予定です。まもなくみなさまにお知らせできると思いますので、しばしお待ちください!

また、学生時代の思い出をコメントしていただくといったコンテンツもあります。思い出投稿するとステキなプレゼントがもらえますので、さっそくいまから思い出をメモしておきましょう♪

いずれも、9月中旬~10月初旬のアップを予定しています。
今後も耳寄りな情報をアップしていきますので、お楽しみに!

*写真は映画の撮影風景です。
櫻の園_生徒達2

◆ 櫻の園 -さくらのその-』公式HP(PC・モバイル)
http://www.sakuranosono-movie.jp/
 

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

スピッツが手がける主題歌「若葉」のシングル発売が11月5日に決定しました!
やさしいメロディが心に染みる、スピッツ度200%のミディアム・ナンバーです。

2008年11月5日 リリース
NEW SINGLE
『若葉』
01.若葉   ※ 映画『櫻の園-さくらのその-』主題歌
02.まもるさん

◆スピッツ オフィシャルサイト http://spitz.r-s.co.jp/

◆ 櫻の園 -さくらのその-』公式HP(PC・モバイル)
http://www.sakuranosono-movie.jp/
 

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

スピッツの「若葉」が『櫻の園 -さくらのその-』主題歌に決まったことへのコメントが届いていますので、写真とともに掲載します!

松竹・池田史嗣プロデューサー コメント
「この映画を単なるリメイクではない、クオリティの高い王道の青春映画したいという考えを持っていました。名門女子高を舞台として、そこに通う女子生徒達一人一人の揺れ動く切ない心情を、チェーホフの戯曲「桜の園」にリンクさせ、深い文学性を持たせたい…。更に、主題歌は思春期の女の子達の美しさ、瑞々しさ、切なさ、そして深い文学性を表現できるアーティストに作ってもらいたいという想いがあり、まず第一に頭に浮かんだのがスピッツでした。草野マサムネさんの独特の歌声と、文学性に富む深い歌詞は、まさにこの映画のラストを締めくくるに相応しいと思ったのです」

福田沙紀さん コメント
「スピッツの草野さんの優しい声が、昔からとても好きだったので、決まったと聞いたときはとても嬉しかったです。楽曲も映画の内容とすごくマッチしていると思いますし、“若葉”というタイトルも、桜につながっていく感じがすごく素敵です。私にとって大切な1曲です」

スピッツ・草野マサムネさん コメント
「新しい何かが始まるときの期待、怖れ、羞恥、高揚などが入り混じった青い気持ちを鮮やかによみがえらせてもらいました。オトナになったからって簡単に忘れるものじゃないんだね。今時珍しいくらい、ホントにまっすぐで切ない映画です。そんな『櫻の園』に歌で参加できたことを光栄に思います!」

本作を飾るにふさわしい、すがすがしいステキな曲に仕上がっていますので、皆さんお楽しみに!

若葉

◆『櫻の園 -さくらのその-』公式サイト http://www.sakuranosono-movie.jp/
◆スピッツ 公式サイト http://spitz.r-s.co.jp/

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

 | BLOG TOP |